2012/04/14(自転車特訓)

大阪堺市の自転車博物館サイクルセンターへ、上の子の自転車特訓に行ってきました。
さすがプロ(無償だけど)! あんっっなに絶望的に自転車に乗れなかった娘が、たった一日でちょっとフラフラしつつも&漕ぎ出しはまだまだ下手だけど&すぐ止まっちゃいつつも、まあ何とか乗れないことはないかもしれないレベルにまでなりました。泥と涙にまみれて手と脚とちんちんを痛くしながら、よくがんばった! 感動した!!


めっちゃがんばる娘




一方下の子は小人を探していた



母も慣れない大阪環状線を無駄に2周したり防寒グッズを買いに知らないライフまで走ったりとがんばりました。 行って良かった。

今回お世話になった自転車特訓教室はこちら。会員登録すればネットで申し込みができますが、5-6歳の小さい子クラスはかなり込み合うようです(うちの娘は7-60歳のクラスだったので、すぐに申し込みできました)。
申し込み先は「自転車博物館サイクルセンター」ですが、特訓をしてくれる場所はそこからまた少し行ったとこにある「自転車ひろば」という小さいグランドみたいな場所です。私は最初博物館の方に行ってしまって、ここじゃありませんよーと案内図を貰いました。間違えている人は私以外にもいたからきっと皆さん勘違いしがちなんです大丈夫。
参加時子どもは手袋が必要です。雨もよいならレインコートも。子どもによるのでしょうがどうしても転んだりぶつかったりしつつの練習になるので、がっつり汚れても構わないジャージやレインパンツを着せて臨んだ方が親子とも安心して取り組めそうです。
また、親が見学する場所は、私たちが参加した時は屋外のテントの下のパイプ椅子でした。自動販売機は傍にありますが、コンビニもスーパーも徒歩圏内にはなかったので、気候に合わせて防寒具や暑さ対策、おやつ、水分などしっかりめに準備して行った方がいいと思います。
お昼休みは40分ぐらいだったかな、意外と短かったのですが、周囲に手軽にお昼ごはんを食べられる場所も殆どありません。お弁当やおにぎりを持ってきてそのへんの芝生とかで食べてらっしゃるご家族が多かったです。私たちはそういうのを用意していなかったので、隣の「都市緑化センター」という施設の喫茶コーナーでカレーとスパゲッティーを食べました。
周りはすっごく大きな公園です。小さい兄弟つきで参加しても、遊ばせる場所はたーっぷりあります。ただ池とか遊具のあるとことかまでは公園内をかなり歩かないといけません。もっとがんばって歩けば図書館とかもあったようです。桜がきれいで気持ちよかったです。

子どもがなかなかコマなしに乗れなくて、親が練習させてもはかばかしく上達しなくて、そうこうしてるうちに年齢も上がっちゃって周りは皆乗れるようになっちゃって、うわどうしよう困ったな― という方(で、@大阪近辺の方)にはすごくおすすめです。