10/01/25(非定型発達)

おっとが買ってきてくれた本を読んで、子どもにも自分にも色々々々と思い当たる節があってすっきりのちがっくり。そりゃあ障害なんてない方がいいさ。そもそも私がこれなのに子どもにこんなの無理無理できません。
職場がそういえばそっち系な名前だわと思って本など調べてみる、案の定ずらーっと出てくる。が、「遅れのある子どもの」とかババンと題されてああそうですね遅れてますよね~と落ち込んでしまった。
気晴らしにも気が向かない、思いのほかダメージを受けているっぽい。ずっと逃げてたことに向き合わされてる感。
けどまあ、そんな出来損ない家族の割にはそこそこじゃないか? と思えるようになったのはちょっとよかった。早いとこもっとたくさん折り合いをつけたいもんだ。あと早く「専門家に相談」したい。