09/03/13(沖縄1日目)

リベンジOKINAWA~~! 幸い今回は子ども達も何とか元気で行くことができました。

・昼食:那覇空港内郷土料理の店「金龍」にて。全体にこってりめだったけどおいしかった。去年行った沖縄そばの店よりおいしかった。

・首里城:周りのホーリーな雰囲気↓と
首里城の周りの緑
お庭↓がよかった。
首里城中庭
ぐるりの石畳とか聖地のとことか、もっとゆっくり味わいながら歩きたかったな。本殿は思ったより小さかった。パンフレットを見て、政治・祭祀だけでなく葬儀とか代替わりとかまで建築に組み込まれてるのがおもしろいと思った! 「東」をアガリ、「西」をイリと読んだり、何というか時間軸を三次元化しようという意志が感じられる、気がした。

・琉球村:うん、観光地。「空手・古武道」の演技を見ておっとが「バルサだ」と言っていた。ほほほんとだー! と思うとよけいに、かっっっこいかったーーー。昔の沖縄の家には玄関がなかったという話に感動した。トイレ=豚飼い場というのにも感動した。うんこがあの豚様を育てるなんて。すばらしい。

・そしてそれよりよかったのが:座喜味城。
座喜味城
ロマン! お城ロマン!! 雰囲気最高~~胸キュン~~~
姉は「千と千尋みたい」と。私は南米の古代遺跡っぽいと思った。
ここでガイドさんに風葬の話を聞いた。沖縄では昔から死んだ人は鍾乳洞に7年ほっておいて、骨になったところを海水で洗って豪華で美しい骨壺におさめるのだって。でも日本の法律でやめさせられて今は火葬なんだって!!! けしからんけしからんけしからんん! 日本アホ!!!!
そういえばこのへんの風習にあるような独特の死生観が、首里城のようなお城というか総合聖域みたいのを作ったのかもしれない。
やっぱり今帰仁城も行ってみたかったなあ。行ってみたいなあ。どんなに色々かきたてられることだろう。

・夕食:ホテルの「海風」という炭火焼きの店で。えびが甘くてすごーくおいしかった。じゅーしーも上品なお味でおいしかった。ちなみに店名は「うみか」と読むそうな。