『六番目の小夜子』(恩田陸 作)

『六番目の小夜子』(恩田陸 作)を読みました。私の印象:×
広げた風呂敷が広がりっぱなしのまま本が終わってしまい唖然とした。筋運びもなんだかまだるっこしくて無駄にオーバーで、ファンタジー大賞最終選考ってこんなんかーという感じ。
恩田陸って人気作家だと思ってたけど他の作品はもっとちゃんとしてるの? ここからうんと化けたの?? いつかご縁があったら確かめよう。